高齢者のこと・障がいのこと・介護のこと

地域ふれあい・いきいきサロン事業(高齢者)

閉じこもりがちな高齢者の孤独感や不安感の解消と介護予防の促進を図ると共に、ご近所同士のコミュニケーション不足の解消を目指した、参加者が自由な発想で企画・運営する身近な憩いの場所づくりを支援しています。
神流町町内の住民の方がエリアごとに高齢者サロンを自主運営することをサポートし、助成金支給、カラオケやレクリエーション用具の貸出、サロンの視察などを行っております。

ご利用方法

参加方法お住まいの地区のサロン運営者にお声がけして頂くか、神流町社会福祉協議会までご連絡いただけましたら、お近くのサロンをご紹介いたします。
参加対象者年齢不問(60代~90代の方が主に参加しています)

備品貸与申請書(24KB)

歓談している様子のイラスト

ひとり暮らし高齢者交流会事業

家に閉じこもりがちなひとり暮らし高齢者を対象に、相互の交流を深めながら孤独感の解消を図り、住み慣れた地域でいきいきと暮らすことを目的としています。
バス旅行、健康に関する勉強会、防犯、健康管理の講話などを開催しています。
ひとり暮らし高齢者交流会事業

高齢者健康教室事業

高齢者がいつまでも健康でいられ、認知症の予防や早期発見、引きこもり予防、教室を通じて様々な方とコミュニケーションを取ってもらうことを目的として運営しています。

イベント名開催内容
編み物教室ポンチョ・ベスト・カーディガンなど編み物を通じて指先を動かし、利用者同士の会話によるコミュニケーション等を行うことで認知症を予防する教室です。
交通安全教室交通事故対策として、講話や自動車運転適性検査など、運動能力や反射神経が衰えた高齢者に交通ルールやマナーを改めて学ぶ教室を開催しています。
eスポーツ(esports)コンピューターゲームやビデオゲームを使った対戦をスポーツ競技として行う。楽しみながら指先を動かすことで、認知症予防や健康促進につながります。
高齢者健康教室事業のイラスト

福祉日常生活用具貸与事業

在宅での高齢者や身体に障がいのある方で介護保険が使えない方に対し、自立への支援や介護者の負担を軽減するために、ベッドや車いす等の貸し出しをしています。

利用方法・料金

ご利用いただける対象者町内に居住する次に掲げる者
(1)体幹機能障害のある障がい者
(2)介護認定「要介護1」以上の者
料金介護用ベッド(1モーター)月額200円
介護用ベッド(2モーター)月額300円
車椅子月額300円
別途運搬料がかかります
介護用ベッド500円
車椅子300円
ご利用時間9:00 ~ 17:00

福祉日常生活用具貸与申請書はこちら(26 KB)
福祉日常生活用具貸与事業規程はこちら(90KB)
福祉日常生活用具貸与事業料金表はこちら(29KB)

福祉車両貸与事業

歩行が困難な高齢者、障がい者等に対し福祉車両を貸し出すことにより、利用者の外出支援及び社会参加する機会の確保に資することを目的としています。

利用方法・料金

貸出対象者町内に居住する次に掲げる者及びその家族
(1)介護が必要な65歳以上の高齢者で、車椅子を必要とする方
(2)身体障害者手帳を持つ方で、車椅子を必要とする方
(3)傷病により一時的に車椅子を必要とする方
料金無料
※燃料費、有料道路等の経費については、借受人の負担となります。
返却方法燃料は全量補充し、車両内外の洗車・清掃をして返却してください。

福祉車両貸与申請書はこちら(29KB)

福祉車両貸与

高齢者能力活用センター事業

働くことを通じて、生きがい・ふれあい・健康づくりを図り、豊かな知識と経験・技術を生かして、臨時的・短絡的・軽易な仕事を希望する高齢者に職業機会を提供し、いきいきとした生活を楽しむためのシステムです。

会員募集要項

あなたの力と経験を地域のために活かしませんか。

会員資格町内に居住する60歳以上で、働く意欲がある方
年会費3,500円 ※会費には傷害保険の掛金が含まれています。
働く時間平日の午前8時から午後5時までですが、働く時間や休日も自由に決められます。
仕事の内容除草、草刈り、トイレ清掃などの軽作業

高齢者能力活用センター入会申込兼会員票はこちら(48KB)

公共交通空白地有償運送事業「メジロ」

車の免許がない、神流町町内に住む高齢者、障がい者の方を対象に日常的な外出の手助けとして移送サービスを提供しています。「メジロ」のかわいらしいイラストがトレードマークの車両で、神流町町内の移動をお手伝いします。

例えばこんな用途でご利用いただけます

  • 病院への移動
  • バス停への移動
  • お買い物
  • その他日常の移動
公共交通空白地有償運送事業

ご利用内容

ご利用いただける対象者町内に居住する次に掲げる者
(1)概ね65歳以上で要介護になっていない方
(2)障がい者手帳をお持ちの方
(3)生活保護受給者
料金1回200円
※1回とは・・・
乗車してから1つの立ち寄る地点までのことです。次の目的地に行くためには追加で200円の費用がかかります。
目的地1つにつき200円の費用がかかる説明の画像
対応エリア神流町町内のご利用者様が行きたい場所
ご利用時間8:30~16:30(16:30までに最終目的地着)
ご利用方法1日前までに電話予約(空き状況により当日予約可能)
TEL:0274-58-2781

ミニデイサービス事業「ひなたぼっこの会」

介護予防事業の一環として、各地域で対象となる高齢者に決まった曜日に月1回集まってもらい、職員主導でレクリエーションや季節の行事を行うことにより、生きがいづくりや閉じこもりの防止に繋げられるよう、楽しく過ごせる場を提供しています。

利用条件

ご利用いただける対象者町内に居住するおおむね65歳以上で要介護になっていない方
料金参加費 100円
※年会費等はありません。
ご利用時間9:30~11:30
ご利用方法ミニデイに登録をおこない、該当地区の開催日にご参加下さい。
まずは神流町社会福祉協議会にお声がけ下さい。
TEL:0274-58-2781

※介護保険を申請した方は利用できません。
ミニデイサービス事業利用申込書はこちら(23KB)

ミニデイサービスのイラスト

認知症予防教室事業「けやきくらぶ」

町内の60歳以上の方を対象に毎月1回2時間程度、体と頭を使った体操やゲームを行っています。定期的に脳を刺激することで認知症の予防を目指しています。
参加者は随時募集しておりますので、お気軽にご相談ください。
認知症予防教室事業利用申込書はこちら(26KB)
認知症予防教室のイラスト

生活福祉資金貸付事業

低所得者世帯、高齢者世帯、障がい者世帯に対して、安定した生活を送るための相談支援を行い、必要に応じて資金を無利子または低金利で貸付けるための窓口をしています。
※貸付要件や基準、審査があります。貸付を希望される方は、事前にお電話でご相談ください。

生活福祉資金貸付事業詳細はこちら(2MB)

日常生活自立支援事業

認知症高齢者、知的障がい者、精神障がい者など判断能力が十分でない方が、地域で安心して日常生活が過ごせるように、福祉サービスの利用手続きの援助や代行、日常的な金銭管理のお手伝いをしています。
日常生活自立支援事業詳細はこちら(403KB)
日常生活自立支援事業

地域活動支援センター事業

障がいがあるため雇用されることが困難な方々に、創作的活動または生産活動の機会を提供するほか、日常生活訓練や社会適応訓練等を行い、自立した生活を豊かに過ごせるように支援しています。

高齢者訪問事業

ひとり暮らし高齢者等の安否の確認、マップ作成、生活上の悩みごと相談、関係機関への取り次ぎを行い、高齢者が安心安全な暮らしを続けるためのサポートをしています。
高齢者訪問事業のイラスト

生活支援体制整備事業

地域の住民が中心となって、高齢者が住み慣れた地域で安心して暮らし続けられるよう、住民や多様な活動主体が連携・協力して日常の困りごとや課題に取り組み地域づくりを目指し、定期的な会議とささえあい通信の発行を行っています。

居宅介護支援事業

介護認定を受けた方またはその家族が安心して在宅生活が送れるよう、介護支援専門員(ケアマネジャー)が本人・家族と相談のうえ、心身の状況にあったサービスが利用できるように各種事業所と連携を図り、介護サービス計画(ケアプラン)の作成をしています。また、行政から介護予防支援計画作成事業と要介護・要支援認定調査実施事業の受託もしています。

訪問介護事業(ホームヘルパー)

訪問介護員(ホームヘルパー)が自宅に伺い、介護や身のまわりのお世話をさせていただきます。
介護保険の要介護要支援認定を受けている方(要介護1~要介護5、要支援1・2)、身体障害者手帳、療育手帳、精神障害者手帳を所持している方の入浴、排泄、食事等の介助、掃除、洗濯、調理、ゴミ出し、日常生活の支援、通院時の送迎などをお手伝いします。
居宅介護支援事業

レクリエーション用具貸出事業

レクリエーション用具貸出申請書(25KB)

このページの先頭へ戻る